« 米軍駐留軍....沖縄 | トップページ | リンパ腫 抗がん剤 »

失業救済

いよいよ年末が近づき、例年通り経済的に年越しが問題だ、と、ニュースが騒いでいる。

去年の暮れは急激な派遣切れ、とか失業問題が急激に起きて、日比谷公園に派遣村とかが出来て、失業者の生活支援をおこなった。

一年経って、民主党政権に政治は変わったが不況は相変わらずで生活困窮者は街に溢れている。

政府は失業者を就職斡旋とか、ハローワークに集めているが、思うようには就職できない。

挙句の果て、失業保険の給付期間切れの者に、生活保護費を支給するとの事。

若いバリバリ働ける傷害も無い者に、簡単に生活保護費を与えて良いものだろうか。若者の勤労意欲を奪うだけでは無いだろうか。

昔は貧しいながら親兄弟寄り合い、助け合い生活していた、その美風は何処へ行ってしまったのだろうか。

若者が都会で就職できず野垂れ死にしても、親も親戚も関係ない。

生活保護で国が生かしとけば良い。こんな倫理を占領アメリカに持ち込まれて、現在にいたっている。

親の面倒を見ない子供、これで当然という介護保険、民生保護。

アメリカの真似はよそうよ。

|

« 米軍駐留軍....沖縄 | トップページ | リンパ腫 抗がん剤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失業救済:

« 米軍駐留軍....沖縄 | トップページ | リンパ腫 抗がん剤 »