« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月

悠悠なろ哉宇宙、

月日は百代の過客と言うが、宇宙は悠久、悠悠であり、人間の行いなど、蚊の針にも当らない。

藤村操いわく、万有の真相は不可解。だが自殺は褒められない。

科学がどんなに進歩発達しても、永遠の宇宙には抗しがたい。

人工衛星が進歩して、やがては宇宙旅行も出来るようになるかも知れない。

私も命が有れば見極めたいが、そうもいくまえ。

然し、人間には寿命があり、一人の人間では見極める事は出来ない。

宇宙船が高度に発達しても、太陽系外との距離は数万光年とか、一人の人間の生など、真夏に涌く蚊の様に短い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »