日記・コラム・つぶやき

認知症予防

認知症の為、又ブログ書き始めます。頭の血流を多くすると認知症予防になるとか? 本当かね。

此のところ、世界中で騒ぎが起きているので問題を選ぶのに苦労は無い。

書き始めも、直ぐに疲れて止めたくなるので、短文で終わるかも?

お許しあれ、では又明日。 本日は序曲まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック

2020年のオリンピックの開催地が東京に決まった。

関係者にご苦労様と申し上げたい、1964年の東京オリンピック時の事を思い出します。

時あたかも、リニア新幹線の名古屋までの営業運転を、2027年頃に行うと発表されている。

前の東京オリンピックの時も、高速道路と新幹線の建設が急がれた。

リニア実験線開始は1962年だった。実験開始のニュースを受けてから、早、半世紀、50年が経っている。

前回東京オリンピックが64年前、新幹線が50年、私にとっては同年代の感がある。

これから建設やら、準備やら忙しいことだろう。

私もリニア新幹線も乗ってみたいし、東京オリンピックもテレビででも見て見たいが、時間が無い、出来るだけ長生きして、????

どうかな????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悠悠なろ哉宇宙、

月日は百代の過客と言うが、宇宙は悠久、悠悠であり、人間の行いなど、蚊の針にも当らない。

藤村操いわく、万有の真相は不可解。だが自殺は褒められない。

科学がどんなに進歩発達しても、永遠の宇宙には抗しがたい。

人工衛星が進歩して、やがては宇宙旅行も出来るようになるかも知れない。

私も命が有れば見極めたいが、そうもいくまえ。

然し、人間には寿命があり、一人の人間では見極める事は出来ない。

宇宙船が高度に発達しても、太陽系外との距離は数万光年とか、一人の人間の生など、真夏に涌く蚊の様に短い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主権回復の日

戦争に負けて、主権を戦勝国に奪われ、占領軍の言いなりになった奴隷日本、やっと昭和27年講和条約で、主権を取り戻した。

立川に住んでいたので、直接被害を受けた。

アメリカ兵の運転する自動二輪車が家の玄関に飛び込んで、玄関を壊した。

警察に届け出たが、主権が無いので、保障されなかった。泣き寝入りであった。

酔っ払い米兵が家に入り込んできた。アメリカのMPが来るまで何も出来なかった。日本の警察では何も出来なかった。

悔しかった。沖縄の人達は講和条約後、アメリカに占領されていた儘だったから、今度決められた主権回復の日は、屈辱の日だと言う

矛先を日本政府に向けているが、高圧的に敗戦国の国土をどの程度返すかは、占領軍(アメリカの)独断で、日本政府には跳ね返す力は無かったと思う。

今になって、日本政府に反発するのは、思考の違いだ。

本土の住民だって決して喜んで受け入れた訳ではない。

北方四島は戦勝国ロシヤに、押さえられたままだ。

沖縄の人達がどうしても納得出来無かれば、独立運動を起こすしか無い。

尖閣諸島もあるし、考え方だと思う。 どうする沖縄の人達。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬支度 1ミリ

11月16日 さすがに寒くなってきました。家が古く窓の隙間から、しんしんと寒さが入ってくる。

去年まで暖房でストーブを焚いて、凌いでいたが今年は節電を考えて、窓枠の改造を思いついた。

技術がどんどん進み、科学好きには面白い世の中であるが、歳が重なると、なかなか追いついていけない。

コンピューターについても、1980年代会社で事務用コンピューターを使ったが、当時は命令文をアルハベットで入力、面倒なものだった 

ウインドウズ95が出て、早速家庭用に買ったが、それ以後私のコンピュター用の頭は進んでいない。 

近頃の進んだ機器はさっぱりだ。使いこなせていない。

今年二月に自動車を軽自動車に買い換えたが、税金は安くていいが、馬力は無い。運転していて重く感じる、軽自動車が重いい?? 

ところが、6ヶ月しか経ってないのに新型がでた。同型の車なのに技術が進み、制動時の回転力を使って発電機を回すのだそうだ

バッテリーに貯めて半電気自動車化。面白いね、だけど半年前に 買っちゃった。ガッツカリしてます。

さて、窓枠だけど、単純な二重窓ではなく、薄手な内窓だけど、二枚のガラスの間に0,2ミリの真空空間があるとか。 

真空断熱です、まるでジャーポット、魔法瓶ガラス今月中完成。 

面白いね。金掛るけど。初めてウインドーズ95買った時の気分だ。                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IMF総会と世界銀行総会

IMF総会と世銀総会、エジプトで開かれる予定だったそうだが、エジプトの国内問題のため、急遽日本で開かれる事になり、今日10月9日東京で開催となったと聞く。

日本には突然の世界大会でも、直ぐに開催できる余裕がある事が示された様なもので、日本の国力の充実さを見た。

此の世界大会に中国は代表を出さないとの事。原因は尖閣問題だそうだ。

尖閣問題は日本と中国との二カ国の問題なのに、世界経済全体の経済会議に中国は棄権するとは、中国人の度量の狭さを世界中に見せてしまう。

戦後日本の復興後、日本は後進国援助に資金的に協力してきたと思う。(ODA)によって中国にも多額援助をしている。

もう、中国の現在は援助国側に回れる経済的国力が付いたのに、未だに自国は後進国だと嘯いている。炭酸ガス規制についても。

シナ根性と言うものだろう、私が小さい頃、日本にいた中国人は、他人迷惑は平気で、自分の利益の事しか考えない、小さいこころ根の人達の集まり、その様な人種だと子供心に思っていたが、今でも変わりないのかなあ。

だから私は支那とよぶ。シナにはこの響きがあるから支那人は、シナと呼ばれるのを好まない。日本人も変な遠慮から、支那そばと言わず中華そばなどと、へんな呼び方をするから、付け上がるのだ。

支那人は世界に尽くす事を学べばいい。大国らしくしたら良いが、一党独裁の非民主国家には  無理か?????。

共産主義と資本主義の入り混じりの出鱈目権力国家。権力者の自分本位、封建時代の支配層とちっとも変わらない。残念だ。

今日ノーベル賞の受賞が決まった。京都大学の山中教授だそうだ。日本では明るい名誉ある話だが、中国では権力者の利益の為に暗い話になる。

以前中国にもノーベル賞受賞者はいたが、権力者が干渉して受賞させなかった、一党封建独裁は困ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災の日 関東大震災

今日は防災の日、関東大震災を忘れない日。

防災訓練が大々的に行われている。南海トラフ地震が発生したら、被害予想が発表されて、防災訓練も熱が入っている。

関東大地震は大正12年、東京の被害も大きかった。

母親から聞いた当時の話で忘れられないのは、地震の被害も勿論だが、朝鮮人の暴動騒ぎである。

東京が地震被害で大混乱をチャンスとして、在日朝鮮人が暴動を起こした、一時は日本人が殺されたと言う話が広がったそうだ。

実際にはそんな騒ぎは無かったのだそうだが、そんな噂で大神の自警団が警戒態勢をしいたらしい。

母は当時二十歳の娘だったから、余程怖かったのか、八十歳近くなって、当時のことを思い出して、地震が来ると朝鮮人が来ると怖がり妄想に陥っていた事がある。

朝鮮併合の傷跡が、在日朝鮮人と日本人お互いの心に、深い傷となって残り、未だに解決していないから、竹島の乗っ取り騒ぎになっている。

併合前の真実を歴史家に問うて見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

李 明博と金鎮玉

大東亜共栄圏を夢見た当時の軍部は、戦争の遣り損ないで、挫折した。

李韓国大統領は、平穏に発達した日韓経済関係を、挫折させて終うが如き今回の竹島上陸は、理解しがたい。

日韓関係は確かに、日韓併合問題で、相互国民に深い対立意識を持たせたと思う。

明治時代に(親の時代)併合され、私の生まれた時には、すでに日本国となっていた。

その頃の韓国は朝鮮であって、ロシヤ、支那に侵略され、支那も又西 欧諸国に侵略租借されていて、日本としては、朝鮮、支那における西欧の影響を、日本に持ち込ませない事に腐心し、結果自国も侵略に出てしまった。

確かに親時代の侵略は、侵略は当時の世界的強国の風潮であったとはいえ、好ましい事では無く、敗戦によって日本は自粛、遠慮外交に始終していた。

私が小学校の頃、クラスに金鎮玉と言う同級生がいた。今だったらイジメになるかも、金と言う苗を外し、チンタマ、金玉 キンタマと呼んでからかった。

今会ったら、詫びたいと思うが、もう出来ない70年も経ってしまたから。

日本ではこの頃の歴史を、学校で教えていない。だから国民の多くが戦後生まれの団塊の世代以後だから、知る由も無い。

韓国や支那では、日本の迫害を誇張して教えている。

今回の李 大統領の竹島上陸は一国の元首としては、子供じみている。

被害者と加害者とは感情の違いはあろうが、経済的にもつながりが深いいま、両国の代表の冷静な話し合いを求める。

同時に正しい歴史を国民に知らしめ、韓国人が何を怒っているのか日本は何のため遠慮していたのか(敗戦の自虐と謹慎)、もう忌明けがあっても良い。

子供のいじめっ子の様な遣り取りは、国家間にそぐわない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終戦(敗戦)記念日

8月15日終戦記念

敗戦の日を思い出す。ラジオから流れた玉音に涙した。

しかし、一方これで爆撃から逃れ、終戦で命が助かる、と、思った。

だが、八王子は焼け野原、立川は爆弾で木っ端微塵、広島長崎は原爆、放射能の怖さは教えられなかったが、再建は大変だな と。

戦争に至る道筋は明治から始まっている。ロンドンオリンピックは終わったが、イギリスと言えばアヘン戦争を考える。

今でこそ、世界の文明国では麻薬の害悪が分かっているので、各国とも麻薬撲滅に躍起だが、1840年ごろアヘンを用いて、イギリスは清国を侵略した。 

今でも国家と言うものは自国のご都合主義は変わらない。

明治以後、清国の弱体化と、清国の属国であった朝鮮李王朝の内紛のため、アジア侵略を強める西欧は機会到来とばかりであった。

自国防衛の為だと、日本の軍閥が、時の世界の侵略風潮にのって、朝鮮満州を侵略したのは事実である。

昨日韓国の大統領が、竹島上陸は不届きだが、天皇陛下にもふれ韓国来訪を拒むが如き発言をした、

平和な相互関係を築き始めた、日韓関係にひび割れを起こす様な態度はどんなものか。

時あたかも北朝鮮が、戦時中の日本人遺骨の返還を持ち出してきた。国際問題とはおかしなものだ。

原爆のトルーマン大統領の孫が来日して、歴史として振り返ろうとしている。日本人も戦争に負けたとはいえ、原爆投下に 恨めがましいことは言ってない。

歴史として人類の過ちを、評価する姿勢である。大人の日本人と子供じみた韓国人との違いか。

誇りの文化を持つ日本、恨みの文化をもつ韓国文化の違いを、あらためて思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ 先生 政治 幼稚

中学生が自殺した。いじめが原因とか、先生も教育委員会も知らん顔。

何のための教育委員会か?   敗戦後アメリカに持ち込まれた制度だと承知している。

近頃の教育委員会は、地方の顔役の名誉役化して、教育の自治の程をなしていない。

敗戦後アメリカに押し付けられた制度に、地方自治があり、地方自冶警察と国家警察があった。

アメリカは国家規模が大きく、各州による自治が発達したので、州警察も、州軍隊(州兵)もある。

独立戦争の後の南北戦争の当時の名残もあろう。が

さすがに日本では、地方警察はなくなったが、一時は各市に、市警察もあった。

教育委員会は残った、が、形骸化した。

先生も以前は聖職であったが、日教組全盛の時代を通り越して一般サラリーマンと化した。

政治家も学級崩壊よろしく、政党崩壊を簡単に起こす。

日本社会全体幼稚になったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧