経済・政治・国際

表現の自由

フランスでイスラム過激派によるテロがあり、善良な市民が多く殺された。

制圧したフランス官憲によって、テロ殺人者は全員射殺された。

私には宗教偏執者の考えが、どうしても判らない事がある。

宗教とは自分の心の安らぎの為に祈り信じるものであって、他人に危害をくわえる事とは、正反対の事と思われるのだが。

日本人は万葉時代以前にこの問題は解決したのだろうか。今の日本人には神仏混交の文化の中で、争いは理解しがたいが。

おりしも、オウム真理教によるサリン事件が20忌年とか。

オウム真理教の信者は狂信者であり、気違い集団としかいえないが、フランスでテロを起こしたイスラム過激者もこれと同様としか思えない、この集団のは世界的戦争もいとわないのだとか。

イスラム教とキリスト教の葛藤はヨーロッパとイスラム圏との侵略争いとなって現れてもいたとも思う。

トルコのカッパドキアに名残があると聞く。

その続きを 時代を経過して行うつもりなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国防と沖縄と軍備

国会で田中防衛大臣の答弁で大もめ、国会議員は国防をどう考えているのか ?

外国任せ、アメリカまかせの(日米安保)だけでは国は守れないと思う。

確かに日米安保の殆どを沖縄にまかせては、普天間周辺ならずとも反対運動が起きてもいたし方無いとも思う。

私は敗戦時立川にいた、占領軍が来て立川はアメリカになった。町中米兵が闊歩して、米軍の飛行場になった立川基地は四六時中、うるさい爆音で揺れていた。

敗戦後六十七年、もう敗戦国の呪縛は離れても良い。

その間に日本が戦前迷惑をかけた韓国も中国も、経済的、軍事的発展を遂げ、国力を増強をしている。

特に北朝鮮は原爆を開発していて、しかも軍事優先の国家である。いつ侵略を開始するかも判らない。

今、アメリカから敗戦国の罰則的要因で取り上げられた軍備、軍隊を取り戻すだけの、歴史的時間は充分経過したと思う。その間の日本は優等生だったのだから。

日本は自国で、国防のための軍備、軍隊を持ち、アメリカと連携して世界の平和を守る為の国際貢献をすれば良いのだ。

現在の日米安保では、日本は一歩引いていて国際紛争は関係ありませんよ、と言っているが如しである。故に沖縄の人にとって普天間はアメリカの為のみと思ってしまっている。

普天間基地が日本軍の日本空軍の基地であって、尖閣列島やら,領土保全と、漁業権を守る先端基地であれば、日本人として、国益の何であるかを考えてくれるだろう。

憲法改正も勿論必要になってくる。

敗戦国ドイツには軍隊もある、徴兵制もある、が今やEUを引っ張っている。

良心的徴兵拒否者は、徴兵期間と同年月、社会福祉施設で、介護や保護、育児手伝い等、国家のために社会奉仕に尽くすとの事、さすれば待機育児問題等も解消する。

愛国心も、絆もボランテア精神も養われる。日本も制度改革をしたらいい。

もうアメリカや戦勝国に遠慮することは無い、中国にも韓国にも、北朝鮮にも遠慮することは無い、(敗戦時の住人として思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横暴中国漁船が??

横暴中国漁船長が海上取締り韓国警官を刺殺した。

国を挙げて海上権益拡大を謀っている、戦争覚悟とさえ思える程の程度の悪い進出である。

戦前のわが国を思い出す。時代遅れも甚だしい。いや、これが21世紀の国家間の本質かも知れない。

人口爆発で、今後当然食料争いが起きてもおかしく無い。

温暖化問題で京都議定書は、アメリカと中国の我侭の為、実質無力な延長になってしまった。

日本も今後、炭酸ガス排出量義務を外すことになるか、

人類はEUでユーロ圏を作り出し、協調に向かうのかと思っていたがまだ、まだ夢物語だった。

しかし、アメリカと中国の様に国益主義では将来人類の破滅しかないと思うが、どうなる事か。

特に中国は国家として維持できるか心配になってきた。

一党独裁の共産主義紛いの資本主義では国家はまとまりきれないかも、スターリンの如き強権を発動し、反対者の弾圧無くして国家権力の維持は難しいのではないか。

中国漁民と周辺諸国の紛争は激しくなろう、もう中国政府には漁民を統制する力は海の藻屑となっている如く思える。

中国国家が分断紛争を起こした時、世界は人類はどうするだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂の上の雲とTPP

NHKの放送、坂の上の雲の時代背景と今を考える。

国益のために、植民地の拡大を謀っていた列強。餌食は中国大陸を含むアジア。折から新興国日本、日本も国益維持のために、取った方法は軍事力であった。

日本はこの争いに敗れ、第二次世界大戦では敗戦国になった。

今でも同じで、国益の増大を図るため、経済力のみではなく、軍事力を前面に出してきた近来中国に坂の上の雲がにじんでいる。

覇権を軍事力で争った二十世紀に日本は先ず破れ、続いて起こった資本主義と共産主義の対決では、ソ連が敗れた。

日本は敗戦により軍事力を失った、失った軍事力を補って、日本の経済力は増大したが、経済力と軍事力を持ち合わせているのは、現在は中国だけになりそうな気配である。

ソ連を負かして、覇権を握っていたアメリカは経済の失敗から、覇権を失いつつある。

穴を埋めるような感じで出てきたのは、中国の経済力と軍事力だ。

尖閣諸島で起きた漁船と保安艦との衝突事件。

領土覇権の第一歩、日本に対して経済的圧力をくわえてきた。恫喝に等しく感じた。

支那事変の前に、日本が中国におくった態度もこんなものだったかな。

経済的覇権争いは、アメリカと中国の合いだで始まっている。

日本は尖閣を含む領土の維持と、経済の維持のためアメリカに協力して、TPPに加盟し、中国の独裁政権の無謀に注意信号を出さねばなるまい。

農協の目先のみ見た筵旗は危険だ、農協は大きく国力を考えて貰いたい。

中国はフィリッピン、周辺で南東アジアに対し武力をちらつかせている。日本には軍事力が無さ過ぎる。対処できまい。

貴方ならどうする。?????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPPと原子力発電

TPP反対運動が農協の主導で行われている。

産業界は輸出拡大のためにTPPは必要だと国論を二分している。

農協はTPPに参加するとアメリカの策謀に陥り、日本農業は破綻すると言う。

TPPはアメリカの国策だという。では日本の国策は、原子力発電を輸出することかいな?

福島の原発事故で放射能被害に福島県の人々が未だに困窮しているのに、定期点検で停止中の原発の再稼動さえ、国民の反対でなかなか進まない中、原発廃止論さえある中で、原子力発電のベトナム輸出とは、国策なのか。

輸出後ベトナムで原発事故が起きたら、日本は他国にどう詫びるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カダフィー死す

アラブの春によって、ついに最強独裁者と言われたリビヤのカダフィー大佐が死んだ。

アラブ一帯の独裁政治が民衆に否定されて、大きなデモが起こっていた。

明治維新のように旧体制が崩壊すると、後に政治体制の建て直しが大変であろう。

イラクは未だにフセイン以後の体制が固まっていない。自殺テロとか内戦とか。

イラクは体制内闘争ではなく、アメリカとの戦争に負け、占領された結果がいまだに平和とは言えない。

アフガニスタンも然り、アメリカからの政権引継ぎが上手くいかない。

これらとは違ってリビヤは完全な内戦である。

カダフィーが死んで、終息には、混乱回避するには、もっと大変そうだ。

四十年以上も続いた政権には、独裁に協力して自分の地位を築いて益を受けていた人々が多数いる筈だ。

虐げられてきた多数の民衆の憤懣が、独裁に協力した受益者に向けられ、更に内戦が広がるかも知れない。

内戦といえば明治維新を思う、徳川の独裁を排除し開国を勝ち取るか、際どい選択だったと思う。

しかし此れも権力闘争の一部とみれば、旧権力側にいた一般人はどんな処分にあったのだろう、とにかく人類の平和は遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレスチナ&ロシア

これから世界は大きく変わるか?

昨日(11-09-24)国連総会でパレスチナが国連加盟の申請をした。

これは大変な事だ。中東戦争でイスラエルが勝って以来、イスラエルは勝利して占領したパレスチナの領土に、入植地を建設拡大して国力を増大させてきた。

領土を占領され、縮小と抑圧に屈してきたパレスチナが選んだ道はハマスによる武力闘争だが、力の差は歴然としていた。

平和交渉は十数年続いても和解は難しかった。アメリカの仲介は何の役にもたたない。

アメリカがイスラエル支援国だから、パレスチナが承知する訳がない

中東戦争の呷りで、原油不足で困窮したことは(三月二十二日)のブログに記したが、その延長はニーヨークの(9・11)同時テロにまで繋がっていると私は思う。

そこに今度の国連加盟の申請だ。オザム大統領も今度の国連における、この問題に失敗すると、アラブ世界(イスラム教徒)を敵に回す事になる。

おりからアラブの革命は、独裁政権を倒した民衆が、各国にどの様な政権を樹立されるか、分からないが、これらの国はパレスチナを援助するだろうと言う事だけは推測できる。

アラブの春は、イスラエルの冬になるのか。そして原油は。

国連でパレスチナ加盟にアメリカは拒否権を発動し難い状況がある。

アメリカの経済的衰退がある、折に冷戦時代にアメリカと対立して経済的に失敗したソ連の、衰退分裂の歴史がある。

時期はアラブの春が、アメリカ、イスラエルの衰退を引き出すか。

そんな時ロシアでは、権力的なプーチン元大統領の復活のニュースが昨日有った、偶然としては。????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発事故 レベル7

福島原発の事故状況が、政府によってチェルノブイリ原発爆発事故と同じレベル7に引き上げられた。

チェルノブイリ原発事故とは、如何様なものだったのか、思い出して見たい。

今日は4月19日、チェルノブイリ事故は1986.4/18(現地時間)すなわち25年前の今日だ。

チェリノブイリ原発事故と、福島原発事故の最大の違いは、原子炉が爆発したか、しないかだ。

福島では炉心が溶解しない様、必死になって修復作業をしている。爆発とは遥かに違う。

このまま上手く納めれば、チェリノブイリに比べ、危険度の小さい事故であると思う。

チェリノブイリ原発事故は、事故処理従業者5万人以上の死者が出たと聞く。

又、放出放射線量は、広島原爆の数百倍だったそうだ。そして放射性物質は北半球全体に拡散した。

レベル7と聞いたら、チェリノブイリを知る外国人は逃げ出すのも無理がない。

広島原爆の放射性物質が、チェルノブイリより少ないからと言って、原爆被害が、許されるものではない。

原爆は文字通り爆弾だから、爆風と熱線で広島を焼き尽くした上に多量の放射線物質を残した。死亡被害者も何十万人も出している。

広島原爆の放射線物質量は何千シーベルトか、何万、何千万シーベルトなのか、発表されたのは聞いたことがない。

あまりの恐ろしさにアメリカも発表し難いのかとも思うが、この際、公平な機関で発表して貰いたいものだ。長崎は何シーベルトだったのか。

とにかく福島原発事故の早期終結と安全解決を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リビア フランス革命 明治維新

イスラム国の反政府デモ (アフリカ)チュニジアから始り、エジプト、バーレン、アラブ首長国、アルジェリア、北部アフリカ一帯におきている。

2月12日に、ムバラク大統領辞任のコラムで心配した通り、いよいよ原油の相場と国際経済に関わる大事に発展しそうだ。

流れはついにアフリカ最強の独裁国家、カダフイ率いるリビアにまで達し、リビアでは軍隊が民衆に実弾攻撃している、弾圧しているとの事である。こうなると最早デモでは無く内戦である。

さて、なぜ今イスラム国で反政府デモなのだろう。勿論、長期に亘る独裁政治に対する不満もあろうが、根底にはアメリカによるW-スタンダード、イスラエル擁護のため、アメリカの利益の為に、イスラム独裁政権を利用し続けた不合理に対する反発も相当強いと想う。

ソ連崩壊後超大国はアメリカ一国となり、覇権を我がものとしてきた 結果は9.11テロに見られる様に、覇権を横臥する刃は自分の身に刺さった。

その後テロとの戦いと評して、イラク、アフガニスタンではアルカイダ、タリバン、そしてイスラエルへの援助、此れでは妬みがイスラムの人達に沸くと思う。

根底にイスラム教、ユダヤ教の戦いが、旧約か新約か宗教が絡むからチョット複雑。

宗論はどちらが勝っても神の負け。神を自分達だけの利益の為に利用する人間が悪いのだが、

フランス革命が旧体政治を変え、民主政治を作り出し、明治維新が封建制度を変えた。

民衆の本気の力は本当に凄い、自然と湧いてくる力、まるでマグマ

リンパ腫はマグマで無ければ助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島原爆投下の日

八月六日は広島原爆投下の日、日本国民なら、人類初の原爆被害に対し激しい怒りを感じることと思う。

この怒りは加害者のアメリカ人には理解出来ないだろう、単に戦争を終わらせる為に投下したことであるとしか言わない。

今だに広島原爆投下に対し、アメリカの世論調査では70パーセント以上の正当化があるとか。

しかし原爆投下は人類に対する悪魔の行為である、故にオバマ大統領は核爆弾廃絶を世界に訴えた。

彼の人類に対するマトモナ感情を持っている事の現れである。

ヨーロッパアメリカ人が、アメリカインデアンを追い詰め追い殺した時に人類と言う取り方をしていない。

太平洋戦争で日本を追い詰めた時、人類と言う考え方はない。

ヨーロッパ白人の優位のみを感じていたのだろう。

時代は変わった、アメリカも黒人種出身のオバマ大統領を、国民が

リーダーに選んだ、全人類と言う考え方は時代と共に深まるであろう。

核廃絶は人類にとって最も大事なことだ。オバマ大統領に広島、長崎に来て日本に謝れとは言わないが、人類に対して謝罪して欲しい

今11時42分長崎の平和記念式典では黙祷が行われている。

| | トラックバック (0)