介護と病気

今年の闘病

正月も七草が過ぎた。正月は子供や孫達が来た。

楽しい日々だった。楽しい事はいつまでも記憶に残したい。

苦しい時は渦中にいると、時は止まっている。

振り返って見ると、過ぎる時間は早い。

早いと言うより、忘れ去る事を急ぐからか、

忘れる事で苦しさから逃れようとするかの如く。

今月は五回目の入院、一月十一日だ。

街は成人式のお祝いで賑わう事だろう。

若芽が出て、老木は枯れていく、世のならい。

一休禅師よく言ったね、

正月や 冥土の旅の 一里塚 

目出度くもあり 目出度くもなし

この句は笑いたくなるから不思議だ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンパ腫 抗癌剤

2 リンパ腫 癌治療 検体

  検体の摘出までが大変だった。足の付け根に出来た(シコリ)を切開して検体に廻したあと、  縫い合わせた傷口の下にリンパ液が溜まりだして、 毎日外科へ通い注射器で溜まったリンパ液を 吸い出す事になてしまった。検体検査の結果がはっきりするまで、 リンパ液に癌細胞が含まれていれば無防備で全身に広がる危険が有った。

毎日30ccのリンパ液吸出しは八月三日から九月三日まで一ヶ月間かかった。

骨髄液の検査 PET-CTの検査を経て悪性リンパ腫と決定したのはそれからで、  悩みの期間であった。

ついに九月十三日抗がん剤治療のために入院した。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンパ腫 抗がん剤

1 リンパ腫(癌)治療 経過

リンパ腫になってしまった.最初何の事か判らなかった。

指に痺れを感じたり、腕に痛みを感じたりしていたので、リュウマチ科の先生に診てもらった。

触診、問診の結果不思議に感じたのか、CT検査を行う事になった。

検査結果、全身あちら こちらに異常の粒が見えるとの事だった。

さらに精密な検査を受けている内、右足付け根に小さいしこりが出た。

丁度そこは、リンパ腺の腫れる位置で、普段は見過ごしてしまう程度の小さい粒だったので、気にしていなかった。

然し検査中だったので先生に、しこりの有ることを告げると触診の上切開検査して見ようとなり、外科に回された。

そして、切開 検体を取り出し癌らしいと言う事になってしまった。

これが22年6月の事である。(以下次へ)

| | トラックバック (0)

インフルエンザ予防注射

近くの罹り付け医院で、インフルエンザの予防注射をした。

毎年この時期にうけていますが今年は特に真剣だった。

なにせ鳥インフルエンザが猛烈に流行している、しかもワクチンがあまり無い。

いや、鳥にワクチンを打った場合、潜伏して変に変質遺伝のウイルスが出来たら困る。

この変質遺伝のウイルスが、人間に感染するウイルスに変質しない保証は無い。

人間感染可能な鳥インフルエンザ発生に恐れざるをえない、いや間もなく発生すると報じられている。

今回受けた予防注射はこの変質ウイルスには効かない様だ。

怖いね、恐いね、早く人間対応の鳥インフルエンザウイルスワクチンを拵えて欲しい。

今日は市指定の健康診断の結果も聞いた、大腸がん検査陰性、ああ良かった、検査項目、大方異常無しとか。これまた結構。

よねちゃんはこの検査で陽性、大腸カメラや胃カメラの検査で騒ぎだったが、これも無事通過した、良かったよ。二人して健康さ。

そこで冗談に先生に聞いた、私は後何年位い生きられますかね。

先生の返事は八十までは大丈夫、とか、冗談好きな先生だね、                        良く言うよ。すると後四年以上か。

そこで此方も冗談の切り替えし、それから先は新宿の母じゃないと判らないね、と。

まふざけながらの予防注射と検診終了でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人後見人

成人後見人申し立て書

市役所からきていた弟の成人後見人申し立て書類の提出をした。

弟がお世話になっている施設の介護料の支払いが滞っていて、施設から市役所に善処方の依頼があったそうだ。

弟には年金の収入があり、介護料の不払いとは理解できないが、年金を管理している息子に聞いて見ないと理由は判らない。

息子は私の口出しを極端に嫌ってをリ、口出しすれば総てを放置するとか言っていたが、口出ししていないのに放置したらしい。

市役所も良く事情は知っていて、何回も市役所が息子との連絡を試みたが無しの礫、方策に困ってついに成年後見人を任命して、法的処置をもって年金の管理を成年後見人が行うことにしたとの事。

今日、市役所から申し立て欄に、私の意思表示が記入されて無いのでと、問い合わせが来た、成人後見人になる意思が無いことを伝え、市役所に総てを任せることを伝えた。

担当の方も了解してくれた。清君は子供に恵まれないで後年淋しい。

我は子供達に恵まれ、孫達に恵まれ、幸せを感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫と弟と成人後見人

孫も大きくなった。夏休みというと八月中かと思う、高校までは確かに八月中だった。 二人の高、中 生は八月に来た。嬉しいものや。

ところがあと二人、今や大学生、それぞれに夏休みは九月までに広がっている。

今年は大学生二人、九月三日、四日五日で来た。俺の誕生日に来なかったので、後付けでお祝い品を呉れた、毛糸のチョッキ、チョッキリ嬉しい。

こんな嬉しいときに立川市役所から嬉しくない封書が来た。

開けて見たら、弟の介護の事だ、施設に支払う介護料が未納になっていて、困った施設が市役所に相談したそうだ、

以前から施設が、弟の息子と連絡が取れず困っていた、息子がいよいよ親父の扶養を拒否してきたのかな、だが、弟には年金があり息子が受け取っているはず、未納になるとは。。。。解からない。。。親の年金の横領だろうか。

市役所からの用件は、成年後見人を立てる事を、親族として承諾しろとの事らしい。

丁度泊まりに来ていた孫が、大学で法学部、法律の勉強をしている。孫に聞いて納得出来た。

息子が親の扶養を放棄したので、成年後見人によって面倒をみる。 動けず痴呆の弟を、みてくれるらしい、市役所と連絡を取ることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯の治療3

今日八月二十八日、私の誕生日である、後期高齢者が七十五歳からだから、スタートラインは既に超え、ついに七十六歳に踏み込んだ。

長女は数日前から、誕生日祝いを兼ねて来ている、普段よねちゃんと二人だけなので、今年は賑やかな誕生日を迎えている。

他の子供や孫から祝言、祝品、が次々とくる、嬉しいね。

末っ子も駆けつけ、お祝いにビールを持ってきた、大好物よ有難う。

もう皆に感謝、感謝。良かった此処まで幸せな後年を送ってます。

先日來、治療を受けている義歯が今日出来た。

右下犬歯両側三本、収まったキラキラ光って気分が良い。

左上犬歯から三本治療中、九月九日に出来上がるそうだ。

やっと目鼻が見えてきました。歯を治して目鼻が付いてきた、??

後は右奥歯上下三本づつ、これで完治だが十月までかかるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯の治療2

右下三本始まった。

左上三本、18日に治療を始め現在仕掛け中なのに、今度は右下三本始まった。

治療中の歯が左右3本づつ、口中、六本歯がないよ。

後の烏が先になる、なんて何処かで聞いた台詞だが、後の治療が先になり、右下義歯が28日に出来るそうだ。

それから先の左上、九月に入って治療かも、この治療長くかかりそう。

歯を治療するといつも口内炎が出来る、口の中へ治療用のグラインダーが入り、舌を押さえ棒で押さえるので、押さえ棒の刺激が強く、かよわい舌が圧迫に堪えきれず炎症を起こしてしまう。

お、お可愛そうな我が舌よ、痛いよ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯の治療

今日歯医者に行く、前回行ったのは去年の十月、右奥歯三本不調になり歯医者さんに見て貰った。

歯槽膿漏になって奥歯の根っこが無くなった、根っこに乗ってた義歯が無くなった。

右奥歯、上下三本づつ、合わせて六本、ポッカリ右奥に凹みが出来ちゃった。

もう右奥では噛めない。それから十ヶ月不便を凌いで左で噛む。

今度は左が泣き出した、また歯槽膿漏かな?。

今度は左奥が無くなるのだろうか、.慌てて今日歯医者さんに行った

やっぱり左も歯槽膿漏になりかけだと、慌てて左奥三本治療。

ブリッジさし歯の根元が危ない、すぐ治療に入った、どうやら今回は間にあって元の様なブリッジに戻るらしい、ああ良かった。

でも此れから治るまで左奥歯三本、ぽっかり穴明きの我慢せにゃならん、せにゃならん。

皆さん歯槽膿漏にご用心。.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後期高齢者医療保険の誤魔化し

ついに後期高齢者医療保険の誤魔化しが牙をむいた。

肉の産地偽装、等級偽装、政府の医療保険偽装

偽装問題ここまできたか。日本偽装列島だがね。

自民党政府の本音の狙いは、高齢者の保険料を増額した上に    更に七十五歳未満の配偶者(妻)を夫から切り離して、別途に国民健康保険の名のもと、保険料を徴収しようとする悪巧みだ

実例をここに列挙する。

昨年の保険料

夫婦二人で ¥140600.

今年は

一人で後期高齢者医療保険

        ¥140,900.   増額 300.

妻は 国民健康保険にされ別途徴収される         

        ¥ 27,800.  増額27,800. 

夫婦で合計増税        ¥28,100.                               

                    

自民党政権の誤魔化しがいよいよ

我が身にふりかかってきた。

市役所で係りに憂さ晴らし苦言を思い切り言ってきた。

だけど、だけど悔しいね、苦しいね。 

  

| | コメント (0)

より以前の記事一覧