政治

消費税増税とオスプレイ

消費税増税法案が六月二十六日、衆議院において可決された。

毎年年金が、後期高齢者保険、介護保険の増額天引きで、また物価低減の影響で、支給額が少なくなっている。

経済的生活に不安を感じ始めているので、二年後施行とはいえ消費税の増税は、これ以上ない不安を感じる。

が、しかし国家財政は赤字続き、それも国債発行による。とてつもない金額だ。ギリシャが心配されているが、日本だって、 とも思う。

このところ、世界中で国家財政は不況による赤字で、世界経済恐慌が心配されている。

日本の国家財政も誰かが負担しなければ、国家が消滅してしまう。中国は清朝時代に、政治の過ちで香港を100年間もイギリスに侵略租借された。

今の時代まさか、外国の侵略はあるまいが、国際政治の中で不利な状態を引き出さないとは言えない。

八十代の私には、何も出来ず手の施し様もないが、子供や孫たちに借金を残したくないし、孫を育て中の子供世代も、増税は大変な事だとも。

民主党議員の、与党としての苦しみも分かる。国家予算を増税してでも安定化させたいと思う時、苦しいだろうなと。

増税引き換えに、次回の選挙では落選、自分の地位を失う。

小沢グループとかは、此れを避け自己保身を目指したのも、責められない。

しかし本当の政治家なら、国家の大義はなにであるかで、自己を処したかを問いたい。

オスプレイと言う、新型の飛行機がアメリカにあり、日本に持ち込むか否で、議論が湧き上がっている。

ヘリコプターは垂直上昇、身が軽いので、空中で回転動力が止まっても、竹トンボ原理で、ゆっくり着地できる。

オスプレイの大型重量では、万一の安定着陸は出来まい。

野党時代の軽く小型な民主党をヘリコプターに例えれば、政権を持つ今の民主党は、此れを喩えれば大型オスプレイ、着地に危険を伴ってしまった。

沖縄の人達は持ち込み反対。オスプレイ。

消費税増税、原始力発電?(原子力発電) 対、民主党そのものだ。どうするどうする

小沢G と民主党政治家達よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法改正と国会議員の低俗化

国会議員は低俗化したのだろうか、昔は子供の目指す目標は、大きくなったら何になる? と聞かれたら、末は博士か大臣か。

私の時代は陸軍大臣だった。国力を強める事が第一の安全だと思っていた。

明治の初め、欧米諸国による東洋の植民化激しく、対する恐怖が、明治維新を作りだした、自国を守るため軍備強化が必要だった。

と、明治生まれの祖父祖母の世代の 共通認識だったろう。

その結果が敗戦だった、植民地化はまぬかれたが、敗戦国としての不名誉と圧迫、再建は残された。

焦土から復活するためには、政治が大事だと思う、当時の政治家は人生をかけ、政治生命をかけて日本をリードした。

戦後復興はなった。国民も必死だったが政治家も必死だった。

この頃の国会は、国会で無く滑稽である。私が年を取りすぎたので若い政治家がだらしなく思えてしまうのか、

本当に政治家が低俗化したのか。総てが決まらない。

憲法改正も大事だろうが、総てが決まらない国会では、何も始まらない、と、憲法記念日思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二次大戦 以後の初戦争

平和ボケしている日本人に、神仏が、生物の厳しい生き方を、教えてくれた。地震、津波と神仏にしか出来ない大きな力で。

福島原発の事故で大量の放射能、放射線が撒き散らされている。

これは神仏のおまけである。思い上がった心を反省させる為に。

すべての生物は生きていく為に、激しい生存競争に勝ち抜いている。そこに進化も生まれる。

人間も生き残るために、部族間、国家間の戦争を続けてきた。

しかし、近年、第二次世界大戦以来、人類は生存のための物欲、食欲の争いだけでは駄目だと、気がついた者もいる。

EUは領土の争い、食料、原料の争いから、解放してくれる実験をしてくれている。

しかし、まだ人類は地球人としての自覚は無いようだ。

今、日本は第二次世界大戦に負けて以来、無節操国家になり、アメリカの言いなりに、それをワールド、スタンダードと信じ、アメリカの庇護の心地よさ酔いしれ、真偽を見分ける心を失った。

1945年以来、アメリカの陰に隠れ、戦争を逃れてきたが、いよいよ自国内で戦争が始まった。

新聞、テレビ、政治も災害と騒いでいる。確かに自然現象だから災害であろう、しかし、地震、津波がきて破壊される所に建造物をこしらえたのは、誰でもない我々日本人だ。

ましてや、人知ではコントロール出来ない、神の領域にあたる原子力発電所を危険な場所に立てたのは、日本人、そして政府である、

物欲 私欲 食欲等欲情を満足させる我侭な日本人、戦争はアメリカにまかせ、自国は平和を装い、過ごしてきた搗けが剥がれ、自国内放射線戦争に入らざるをえなくなった。

原発事故終息のための手段は戦争だろう。そのうち戦死者がで無ければいいが?

まして、退避地区の子供たちは、校庭が放射線汚染されている。戦中アメリカの爆撃逃れに、子供たちは安全な地方に、学童疎開をした。

後の日本を守るため、今の子供たちも親から離れ学童疎開で、災害後の日本を守って欲しい。私たち学童疎開経験者として、思う。

なお、お陰様で私のリンパ腫癌は終息しました。再臨界が無ければいいなと望んでいます、定期検査は確りとする積もりです。

東電の様なヘマは、したく有りませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政権交代マスコミの先走り

いよいよ政権交代が実現して、麻生内閣は総辞職した。

民主党鳩山内閣がスタートした。

従来内閣交代(自民~自民)は大臣が替わる度、新大臣の周りを役人が取り囲む、大臣にレクチャーするのか、(事務次官)以下役所を守るのか。

今回この風景は無かった。役人も執りつく場所が無く困っている。

もっと困っているのはマスコミだろう。五十年間慣れた内閣交代の儀式も、たんたんとして、報道の中身の薄いニュースを繰り返していた。

まだ閣議も開かれてなく、各大臣が役人に命じる姿もなく、新しい政治が始まった兆候をみてはいないのに、八ツ場ダム周辺の住民に聞きまわって、中止の場合の事を聞きまわっている。

マスコミの先走りも面白い、民主党が従来と違う方法で政治を動かすと言っている、マスコミはそれが何であるか判らず右往左往している感じがする。

もっと深い情報を国民に届けるのがマスコミの責務ではないか。

今の放送はマスコミ、ミーハーだ。

| | トラックバック (0)

三党連立合意

民主、社民、国民新党の三党連立が成立した。

60年間以上の間、政権を独裁していた自民党政権がついに潰えた。 僅かばかりの連立も有りましたが、さきがけにしろ、日本社会党にしろ連立相手は皆潰された。

しかして最後に自民党自体が、潰れそうな程弱体化した。

最後の連立相手だった公明党創価学会も、これから先、弱体化の道を歩む事だろう。

自民党政権とは何であったのか。

私は思う、自民党政権とはアメリカGHQの指図を受けて成立した、戦後の、アメリカの紐付き占領政策の延長政権なのであろうと。

多くの日本人はアメリカとの平和条約の締結、そして独立と思っているであろう。

しかし、総て間接的にアメリカの支持を得て、傀儡政権として自民党政権が存在したのである。

その存在に心理上安心していたのだろう、時あたかも冷戦、アメリカの庇護が欲しかった。

冷戦が終わっても日本人はそのまま、旧態ぜんとした心理だったのだろう。

小泉総理のブッシュ大統領との面会の様子に総てが表れている。

敏感な年頃を敗戦とアメリカの占領、そして占領政策、アメリカの手口を見てきた者として、やっと日本が本当に独立をした様に感じます。いや、出来たのです。

がんばれ民主党、傀儡政権を排除し、独立を守って欲しい、社民党は独立を主張して民主党を力づけてよ、ブッシュのポチと戦った勇士国民新党は消えないように頑張ってください。

新政権がどんな活躍をするかこれからが楽しみだ、

| | トラックバック (0)

東国原総理

東国原知事が自民党の古賀代議士と会ったそうだ、わざわざ古賀さんが宮崎に会いに来たそうだ。自民党は相当重病だ。瀕死状態

東国原知事に自民党衆議院立候補者として依頼したそうだ、    これにのる場合、自民党総裁として遇する様、古賀さんに求めたとの事。

自民党内では代議士各位大騒ぎ、オチョクッテルとか冗句だろうとか、メデイアも騒いでいる。

今日、東国原は日曜日田原のサンデープロジェクトに出演、大真面目に出馬を表明した。目的は地方分権だそうだ、

そのため自民党に対し自分の作ったマニフエストを、自民党のマニフェストとすることを要求している。

それを実現する為の権力者になるため、総裁総理にせよとのこと。

此れは革命と言える、自民党を改革するための革命だ。

大きな笑い話を古賀さんは背負い込んだものだ

チョット待て、総理大臣はもうすでにいるよ。大田総理にお願いして、東国原総理も実現したら、面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党は大損失

小澤党首が辞任、これで民主党が息を吹き返し自民党に対して反転大攻勢かと思われたが、二日間の議員のみの代表選挙で、国民の期待の芽を摘み取った。

今日の午後、鳩山、岡田両議院による討論会がNHKによって行われ、放送したが、両候補の見事な討論で民主党の政策、思想が開陳された、質の高い見事なものであった。

この代表選を一週間くらいかけて行い、立候補者も更に数人求めて挙行したならば、多くのメデアに注目されたであろうに、残念なことで、民主党にとって大きな損失であろう。

更に言える事は、党員、サポーターによる代表選出選挙を行ったら世論を大きく盛り上げたであろう。

この代表選挙は間もなく行われる総選挙で、総理大臣を党員サポーターによる(すなわち国民による)直接投票化し、急遽募集するサポーターは急増し、サポーター登録費は民主党の政治資金として個人献金の定着の原動となり、個人献金の風潮は自民党を更に劣勢に追い込んだであろうに。

その盛り上がりはニ、三ヶ月後に行われる総選挙に流れ込み、民主党政権が確約されるほど民主党に有利に働いたであろうに、勿体無いチャンスを逸したものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治献金嫌になっちゃうな

西松建設の政治献金が違法では無いかと小沢民主党党首の秘書を検挙した。

自民党政権が近頃の支持世論の低下の対応策として、民主党の党首小沢氏を直撃する為に、特捜に摘発の指示をしたのでは無いかと世間の評判だ。

土建会社、政治家、官僚と三悪人の構図は私の好きな水戸黄門のテレビ時代劇そっくりだ。

自民藩にも悪代官がいるらしく、西松屋と二階代官の結びつき明るみに出てきた。

これでは国民の政治離れが益々増えそうだ。

| | トラックバック (0)

総選挙と自民議員

今日のニュースは酔っ払い中川の北海道の後援会。

後援会総会では今回の中川大臣酔っ払い記者会見、惨めな悪習行為を不問に伏すのだそうだ。かの選挙区の有権者、中川後援者は無知蒙昧、最低人間の集まりだ。

此れで衆議院議員辞任はしない、許してくれたと嘯いた。

国民は許してはいない、この次の選挙では中川落選を期待する。

自民党議員も次の選挙では多数落選が予想される。

私が自民党議員だったら、当選するに有利な方法を考える。

さて、その手段は、嘘つき総理や酔っ払い大臣の自民党をとことん批判するのがよいだろうが、それは公示後のこと。

立候補者の指名権は、この貧しい人たちに握られているので、選挙公示までは従来の自民党候補者の如き顔をしている事。

選挙が始まれば候補者の差し替えは出来まいから、安心して総理攻撃、自民党三役批判と野党の如く、当選後は新自民党を結成すると公言すれば、党内野党として当選できる。

自民党改革派なる集団を、選挙公示ご結成し立候補ポスターに明示する事だ、ポスターには三役総理も外す。これで貴方は当選だ。

| | トラックバック (0)

財務大臣辞任どたばた騒ぎ

世界的経済不況打開のため、G7の経済担当大臣と中央銀行ヘッド会議がイタリアで行われた。

会議後中川財務金融相が記者会見をした、日銀総裁と共に内外多数の記者の前で、会見を始めた。

開口一番ろれつが回らなく、まるで酩酊状態、口からはゆだれが垂れそう、目も宙に浮いていて、酔っ払いそのままの醜態を海外記者にも見せつけた。

世界各国の新聞は 日本の内閣に統治能力なしとか、冷やかし記事満載とか。

帰国後、政界も、新聞もテレビ放送も絶好のネタとばかり大騒ぎ。

ついにやめろコールは与野党を問わず。

慰留したのは麻生総理、馬鹿じゃないの。

そこで中川、予算を上げたら辞任すると言い出した。

予算委員会、野党は予算後辞任の財務大臣に予算の質問は出来ないと出席拒否、当然だろう。

参院に中川問責決議案が提出されいよいよ辞任、やっぱり馬鹿だ。

麻生内閣なんて早く潰れろ、与野党の倒閣運動賛成。

早く選挙させろ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧